孤独の闇に訪れる、痛い女というシャドウ

今日の書き手:川崎 貴子(ぼくら社取締役) 真魚八重子さんの連載記事を読んだ。 第9回 文化系女子、独身か、結婚か、――出産か | 青弓社 近年見たなかでも、いちばん見返したくない映画の筆頭が『ヤング≒アダルト』(ジェイソン・ライトマン監督、2011年)だった。すでに本作をごらんになった方なら、不安定なフリーライ…