読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013年、最後の思い

今日の書き手古越 幸太

 

ぼくら社は本をつくる会社です。

 

9月初旬、宮﨑駿監督の引退会見を目にしました。

 

「この世は生きるに値する」

 

それを子どもたちにつたえることが、僕たちの仕事の根幹にあるのだと仰っていました。

 

わたしたちはいくら言葉を並べても、その想いを正しく相手に伝えることはできません。

 

だから、ある人は映画で。

 

ある人は写真で。

 

ある人は音楽で。

 

ある人は文章で。

 

想いを伝えようとこころみます。

 

 

かのアインシュタインはこう述べています。

 

「学校で学んだことを一切忘れてしまった時に、なお残っているもの、それこそが教育だ」

 

ぼくら社は本をつくる会社です。

 

ぼくらは、考える力になる本をつくりたい。

 

そうしてつくった本が、いつか誰かの記憶に残るものになったなら。

 

ページをめくる手にそっと。

 

*今年も一年間ありがとうございました。

ぼくら社Blogは、新年1月6日より再開します。良いお年を。

 

Written by :古越 幸太

 

ぼくら社2013年12月の新刊発売中!
リンゴを半分に切るだけで、あなたの人生は変わる。

リンゴを半分に切るだけで、あなたの人生は変わる。