読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偉そうな人は、偉くない。

下出 裕典の「いと、えんなり」

今日の書き手:下出 裕典

 

id:koh0605さんの記事を読んで

大勢の前で大声で叱責したら、人は壊れていくんじゃないだろうか。 - いずれも。はてなブックマーク - 大勢の前で大声で叱責したら、人は壊れていくんじゃないだろうか。 - いずれも。

同じフロアで仕事をしている若手社員の1人が会社を休みがちになっている。頭痛がする、時々気分が悪くなるという症状を訴えていて、病院に行ったけれど、特に悪いところは見当たらないらしい。

 

お正月に、某大学の体育会系活動のドキュメンタリーが放映されてました。テレビで。

 

感動モノとして、過酷なトレーニングを乗り越える皆さんの取り組みがストーリー化されていたのですが、僕はちっとも感動しなかった。

 

指導者が、めちゃくちゃ偉そうな人だったからです。

 

正直、何様なんだろうと思いました。

 

いや、頑張ってる学生の皆さんはとてもすごいと思うんです。

 

僕にはとても真似できないし、共通の大きな目標に向かって突き進む姿はたしかに感動です。

 

だけど、どうしても、指導者のスタンスに共感できなかった。

 

卒業生の多くはきっと、あのコーチへの感謝を口にするでしょう。

 

彼のおかげで良い演技と良い思い出ができた、と。

 

ただ、その裏側では、言葉の暴力や過酷すぎるトレーニングで理不尽に脱落していった人たちも多いと思うんです。

  

 

・・・とつぜんですが、暗殺教室、ご存じですか?

 

このマンガがすごい!」2014年オトコ編の第1位に選ばれた作品です。

 

基本はギャグ漫画なのですが、教育に関していろいろ考えさせられるところが多い。

 

28人の落ちこぼれを集めたクラス・E組(通称EndのE組)を作り、それ以外の数百人に「ああはなりたくない」という恐怖感と、「俺たちは恵まれている」という安堵感を与えることで学園を統制する手法が取られている。

 

これがまた絶妙に嫌な感じなのですが、前述の指導者さん、なんだか似ているなぁ、と思ったんですね。

 

ある意味で完成された『エリートの育成方法』なのだと思いますし、今の僕にはそれに代わる方法を提示することもできません。

 

でも、絶対に自分はこうはならないぞ、と固く心に誓いました。

 

完成された方法を知る人ではなく、試行錯誤を続ける人であり続けたいと思います。

 

Written by :下出 裕典

 

ぼくら社2013年12月の新刊発売中!
リンゴを半分に切るだけで、あなたの人生は変わる。