読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの人生はだれのもの?

f:id:bokurasha:20140117141525j:plain

 

今日の書き手:古越 幸太

 

本日、ぼくら社の新刊「ぼくの人生はだれのもの?(著・本田直之)」が全国書店にて発売されました。

 

この本は「ビジネス絵本」というコンセプトでつくっています。

 

そもそも、ビジネス絵本とは?

 

ビジネス書は世にたくさんありますし、多かれ少なかれ読めばなにかを得られる本です。

 

だからこそ、一定の需要は尽きませんし、焼き増しと言われても書棚に並びます。

 

それくらい実入りのある本なのですが、一つ欠点があります。

 

それは、どれだけ良い内容が書かれていても、ビジネス本というカテゴリーの書籍を手にしない人にはそれが伝わらないことです。

 

また、数字を持っている著者のビジネス本を一冊でも多く出版するため、時にアメリカンコーヒーと揶揄されるように、ページ数はあれど内容の薄い本になってしまうこともあります。

 

そこでぼくらは考えました。

 

「ビジネス書の本当に伝えたいコアなメッセージのみを抜き出して、絵本にしてみてはどうだろうか?」

 

はたまた考えました。

 

「ただの絵本ではなく、映画でいうところのバックミュージックのように、ストーリーとはまったく異なる絵を流してみてはどうだろうか。」

 

そんなコンセプトからできあがったのが、世界初のビジネス絵本。

 

ぼくの人生はだれのもの?です。

 

 

見本誌ができてから、出版社や書店、懇意にさせていただいている皆さまに本を見ていただきました。

 

最初に出てくる言葉は「これ、本ですか?」という違和感を示すものでした。

 

…ビジネス書棚に入らないB5判。

…絵を一生懸命追いながら読むと、なんだか頭に入らない言葉たち。

…そうしているうちに、ちょっとくたびれてくる両目。

 

本をお見せした多くの方が、言外に伝えようとするメッセージを受け取らずにはいられません。

 

「本田さんの本なのだから、普通に作れば売れるのに・・・」

 

この本をすでにお買い上げいただいた方、それから少しだけ興味をもっていただいている方に、ぼくらから伝えたい読み方があります。

 

それは、この本は3回読んで欲しいということです。

 

1回目はハワイの海で仲間とサーフィンをする絵を追って。

 

2回目は、本田さんの言葉だけを追って。

 

3回目は、波のように流れる絵をバックに、本田さんが伝えたいメッセージをそのまま感じ取って。

 

ビジネス絵本は、絵だけを見る絵本としても、文章を読む本としてもどちらでもお楽しみいただけます。

 

逆に言えば、はじめはどちらかに絞って読まないと、いったい何を伝えたい本なのかが分からないかもしれません。

 

そうして3回本を辿ったとき、きっといまのあなたにとって必要なメッセージが伝わります。

 

なにせ世界初の本なので、手にとって読んだときには違和感しかないと思います。

 

ちょっとクセのある本です。

 

けれど、手元に長く残したい本というのは、それを読み込んだひとにしか一見分からない本でもあります。

 

ノウハウやテクニックには流行り廃りがありますが、自分で考えるという行為には今も昔もありません。

 

そんな本をつくりたいと思い発売の日を迎えました。

 

この本があなたの手に届き、いまを生きる羅針盤のひとつになれば。ぼくらにとってこれほど嬉しいことはありません。 

 

最後は、本田直之さんの言葉に変えて。

 

 

Written by :古越 幸太

"古越 幸太の「ひきこも語り」" -記事一覧

 

ぼくら社2014年1月の新刊!

関わったあらゆる本でベストセラーを連発。本田直之の、すべての原点がここにある。
レバレッジ・マネジメント」、「1万円起業」 「伝え方が9割」、「あたらしい働き方」など著者累計250万部超、本田直之の最新刊。
世界初・ビジネス絵本! 本田流「生き方のノウハウ」を、 分かりやすいテキストとイラストで大公開。
知らず知らず「選ばされている」ことの多い世の中で、自らの意思で生きたいと願うすべての人へ。

ぼくの人生はだれのもの?

ぼくの人生はだれのもの?