読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上司と飲むことがあなたの人生を豊かにする。

安田 佳生の「疑問論」

今日の書き手:安田 佳生

 

 このブログを読んで

上司があなたをお酒に誘って伝えたいと思っている7つの真実 - ICHIROYAのブログはてなブックマーク - 上司があなたをお酒に誘って伝えたいと思っている7つの真実 - ICHIROYAのブログ

 おそらく、あなたの上司も、たとえばこういったことを伝えたくて帰りに一杯いくか!と誘ってくれてるんだと思う。「人間ってこういうものだったのか!」っていうことを、まとめてみることにした。

 

上司とお酒を飲みにいく。

みなさん、そんなに嫌なんですかね。

話が長い。説教される。自慢話ばかり。

確かにそんなことばかりだと嫌になるかもしれませんね。

でも私の経験から言って、

上司と酒を飲む事は最大のチャンスなのです。

 

なぜ上司との飲みがチャンスに繋がるのか。

・仲良くなって目をかけてもらえる

・直接仕事を教えてもらえる

・社内の情報を知る事が出来る

もちろん、そういう事もあるでしょう。

でもそれはむしろ副産物だと思います。

上司と飲む事の本当の価値。

それはワープです。

 

良い上司、悪い上司。

出来る先輩、出来ない先輩。

会社の中には色んな人がいます。

でもその誰からも得るものはあります。

それはその人の歴史。

多くの人は出来る人から学ぼうとします。

でもそれは間違っています。

むしろ出来ない上司や先輩から学ぶ。

それが今の時代にはとても重要な事なのです。

 

過去の成功が繰り返される時代であれば、

成功者の話だけを聞いていれば良かったでしょう。

でも今はそういう時代ではありません。

過去の成功はもう繰り返されない。

お隣さんの真似をしても同じ事は起こらない。

そういう時代なのです。

 

ではそういう時代において、一番大事なのは何か?

それは自分自身で答えを見つけ出す力です。

そしてその源泉となるのが、他人の歴史。

成功をそのまま真似するのではなく、

失敗をそのまま避けて通るのではなく、

なぜ成功したのか、なぜ失敗したのかを考える。

成功か失敗かではなく、その構造を理解する事が重要なのです。

 

どんなにすごい天才でも、

1年で20年分の経験をすることはできません。

時間をかけることでしか得られないものが人生にはあるのです。

ではその時間を縮めるにはどうしたらいいか。

人生をワープするにはどうすればいいのか。

その答えが上司との飲みなのです。

 

飲みに行って、その上司の歴史を吸収する。

どんな事を考えて、どんな事を考えなかったのか。

どんな事をやって、どんな事をやらなかったのか。

どんなことが起こり、どんな事が起こらなかったのか。

どんな事を学び、どんな事を学ばなかったのか。

 

その人が学んだ事を教えてもらうのではなく、

その人が経験した事を経験するのです。

他人の人生を自分の経験としていただく。

これが人生をワープする唯一の方法なのです。

 

上司や先輩の歴史を吸収し、

その本人でさえ気づかなかった事を気づく。

本人でさえ考えなかった事を考える。

本人でさえ学ばなかった事を学ぶ。

上司と酒を飲むときは、

上司の人生まで飲み込んでしまえばいいのです。

 

Written by :安田 佳生 

 

ぼくら社2014年1月の新刊!

関わったあらゆる本でベストセラーを連発。本田直之の、すべての原点がここにある。
レバレッジ・マネジメント」、「1万円起業」 「伝え方が9割」、「あたらしい働き方」など著者累計250万部超、本田直之の最新刊。
世界初・ビジネス絵本! 本田流「生き方のノウハウ」を、 分かりやすいテキストとイラストで大公開。
知らず知らず「選ばされている」ことの多い世の中で、自らの意思で生きたいと願うすべての人へ。

ぼくの人生はだれのもの?

ぼくの人生はだれのもの?