読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、口説いてみようか

川崎 貴子の「酒と泪と女と女」

今日の書き手:川崎 貴子

 

このブログ記事を読みました。

好きな女の浮気相手になった話はてなブックマーク - 好きな女の浮気相手になった話

バレないように浮気するならまあ良いんじゃない。と思っていた。

自分が好きな子の浮気相手になるまでは。

 

彼女と、「さあ、これからちゃんと付き合おう!」と思っていたのに、突如音信不通となり、彼女は他の男性と結婚していた・・・。

義理も何もあったもんじゃない!とお思いでしょうね。辛いだろうなと共感しながら読ませていただきました。そして、彼女の結婚相手に密告しなかったのは賢明な判断だったと思います。

 

私がただ一つ、このブログを読んで気になったのは、この方、彼女の事をちゃんと口説いていたのかな?

という事でした。

 

適齢期の女性は4パターンあって、

1.条件の良い結婚がしたいと思っている女性

2.好きになった人と結婚したいと思っている女性

3.結婚より恋愛がしたいと思っている女性

4.恋愛にも結婚にも消極的な女性

 

今回の彼女は結果1(企業にお勤めのちゃんとしていそうな男性と結婚)だった訳ですが、彼女の言動から察するに、2だったり、3だったりを行き来して実は迷っていたのではないかな?と思うのです。

 

勿論、ガチな①の女性「私は、年収1千万以上の人とは結婚しない。」もいるし、ガチな③「今は仕事が面白いし、結婚なんて考えられない。純粋に恋愛相手が欲しい。」及び頑なな④もいるにはいます。

 

でも、大多数の適齢期のお嬢さん方は常に「揺れて」います。

 

そして、

 

「私を、ここじゃないどこかに連れて行ってほしい。」

 

そう、思っているのです。

 

何も、海外暮らしをさせてあげたり、リゾートに連れて行ったりしなければいけないというわけではありません。

 

ここじゃないどこかとはきっと、

 

「恋愛ワールド」

 

なのではないでしょうか?

 

 

以前、草食系男子を調べていた時に、

 

「友達から、自然に仲良くなって、いつのまにか付き合っているというのが理想」

 

という男性の意見が多かったのを思い出しました。

 

真性肉食系女子は問題ないのですが、

これでは、大多数の女性とミスマッチをおこすだろうなぁと思ったものです。

 

現に、

私の知人友人男性達(40代から50代、既婚)の肉食系おじさん達が、20代女性が一番口説きやすいと口を揃えて言います。

 

「20代女性は口説かれ慣れていない。」

とのこと。

 

女性の20代と言えば、人生で一番口説かれてしかるべき時期。

 

どういう事かと更に突っ込んで聞くと、

 

「彼女達は、同世代の男性から口説かれていないので、口説かれるという非日常感にまずは驚き、次には恋愛に陥りやすい。」

 

というではありませんか!

 

彼らが独身ならともかく、そんな遊び人おじさんと不倫していると、女性達はあっという間に婚期を逃してしまいます。

 

ここはひとつ、若い男性達に、草食だろうとなんだろうと是非頑張っていただきたい!という熱い思いで、今、したためている次第です。

 

さて、肉食系おじさん達は経験もお金もあるので参考になりませんが、私が今まで聞いてきた適齢期女性達ののろけ話(彼氏は普通男子もしくは草食系)を参考に、どんな言葉や行動が、適齢期女性を友達ラインから「恋愛ワールド」へ誘ったのかを考察してゆきましょう。

 

①お姫様扱い

 

「私の事だけ姫と呼ぶんで、最初は恥ずかしかったのだけど途中から嬉しくなった。」

 

「階段を降りるとき手を貸してくれて、道は車道を歩いてくれて、重い荷物をもってくれて、電車に乗ると他の人からさえぎってくれて、何かあるといちいち「大丈夫?つらくない?」と聞いてくれた。」

 

「(地震などの有事の時は絶対に迎えに行くから、絶対連絡して。)と真面目な顔で言ってくれた。」

 

②好きだという感情をダイレクトに

 

「私から所用で電話したら、(電話くれたんだぁ、嬉しいなー。○○さんから電話もらえるなんて!)と、本当に嬉しそうに言ってくれた。」

 

「(ほんとうに綺麗だなぁー)と、言って眩しい顔をしてくれた。」

 

「二人で初めて会う時に、(二人で会えて嬉しい。)(やっと会えた!)と言ってニコニコしてくれてずっと嬉しそうにしてくれてた。」

 

③努力をしてくれる。

 

「私の退職日に花束を持ってきてくれた。そういうタイプじゃないのに、照れくさそうにしながら。」

 

「私が好きな恋愛ドラマのロケ地を探してくれて、夜景の見えるベストポジションの所で一緒にビールを飲んだ。苦労して探してくれたんだと思ってうれしかった。」

 

④話を聞いてくれる

  

「つらかったね、大変だったね、と否定も解決もせず、根気強く私の話を聞いてくれた。」

 

「夜中に呼び出したのに、駆けつけてくれた。(何でも話して)と言ってくれた。」

 

まだまだありますが、おなか一杯だと思いますのでこの辺にしておきます。

 

真性草食系の男性からしたら、ハードルの高い項目もあるかと思いますが、「草食系なのにしてくれた。」という意外性にアドバンテージがある模様です。

 

また、バブル経験者の女性達からすれば、「そんなことでいいの!!!安すぎる!」と叫ばれるでしょうし、通常の男性からしてみても、「それって本当の愛情?口先だけじゃない?」と訝しがられる事でしょう。

 

バブル姉さんはさておき、「本当の愛情」というのは、ではどうやったら伝わるのでしょうか?

 

酔っ払いに絡まれた彼女を守る?

 

怪我をした彼女を抱いて病院まで運ぶ?

 

そんなシチュエーションはなかなかありません。

 

そして、「口説く」とは、

相手に「YES」と言わせる行為ではあるのですが、

何も、夜景の見えるバーなどで、俺の夢を語っちゃった後に繰り出す、という様式が必要な訳でもありません。

 

「あなたと会えてうれしい。」

 

「あなたの事が大切だ。」

 

「あなたは僕にとって特別な女性だ。」

 

と、しっかり相手に伝える事が一番大切なのです。

 

男女関係は心理戦が必要な事も多いです。(これはまたの機会に。上級者編で。)

タイミングも重要だし、相手の状況によっては、迷惑になる事もあるでしょう。

 

それでも、

ちゃんと伝えず成就しなかった恋よりずっと良いではありませんか。

 

伝え方が潔く清々しければ友人関係に戻れる可能性も高いですし、何より、

 

「好意を伝える」

 

という事が上手くなると、今回はダメでも成就する確率は自然に上がってきます。

 

イケメンじゃないのにイケメンよりモテる男性達というのは、自然にこれができている人が多いです。

 

そして、何度も言いますが、適齢期女性は揺れています。

 

仕事で嫌な事があったり、親友が結婚したりすれば、揺れ幅は更に大きくなります。

 

そんな時、スペックの良い男性に「結婚してください。」と言われたら、未知の世界を見せてくれる遊び人おじさんに「好きだよ。」と言われたら、あなたの意中の女友達は、ころっといってしまうのですよ!

 

あなた達が、真直ぐな誠意で、純粋な恋心で、濡れた捨て犬の目で、体当たりしないでどうする!

 

 

若者達よ、

 

是非勇気を出して伝えてみて。

 

「キミは本当に素敵な女性」

 

と、貴方の思う人に伝えてみて。

 

そして、断られても決していじけない事!

 

 

人生は愛する人を探す旅。

 

 

いつか、

 

伝えてくれた貴方の勇気に感謝する女性、

 

女として救われた、と言ってくれる女性、

 

その一言をきっかけに、

 

貴方を愛するようになる女性と出会えますから。

 

Written by :川崎 貴子

"川崎 貴子の「酒と泪と女と女」" -記事一覧

 

ぼくら社2014年1月の新刊!

関わったあらゆる本でベストセラーを連発。本田直之の、すべての原点がここにある。
レバレッジ・マネジメント」、「1万円起業」 「伝え方が9割」、「あたらしい働き方」など著者累計250万部超、本田直之の最新刊。
世界初・ビジネス絵本! 本田流「生き方のノウハウ」を、 分かりやすいテキストとイラストで大公開。
知らず知らず「選ばされている」ことの多い世の中で、自らの意思で生きたいと願うすべての人へ。

ぼくの人生はだれのもの?

ぼくの人生はだれのもの?