読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして、彼はロリコンになった

今日の書き手:古越 幸太(ぼくら社副社長)

 

はてなブックマークで興味深いツイートを拝見しました。

 

日本人男性の8割がこれに当たるのかは分かりませんが、こんな男性が嫌いだというハッキリとしたお考えは分かります。

 

言葉の定義として「ロリコン」が正しいのかという疑問はありますが、実際のところどんな男性像を指しているのだろうか?想像を巡らせてみました。

 

金曜23時の東京メトロは酔っぱらい中年の巣窟で息苦しいことこの上ない。

 

最近は考えることもなかったけど、改めて思った。オレってモテないんだな。

 

職場の人たちと全員参加の歓送迎会に行った時に、向かいの席のイケメン(ここ3年くらい彼女がいなかったらしい。昼休みに話しているのを寝たふりをして聞き耳を立てていただけで不確かだけど)が「彼女ができた」って言って。

 

まぁ、みんな気にしてたことだからおめでとうとかワーワー言って、で、質問コーナーに移る。

 

「えーどんな子?」ってそれぞれに聞いてて、オレだけぼそっと「え、どうやって?」って、そりゃおかしいよね。帰り道で気付いても遅いし、一言も喋らなきゃ良かったんだけど。気になるのは人柄であって、出会いの方法じゃないってね。

 

もうとっくに諦めたつもりだったのに、オレやっぱり彼女欲しいんだな。空からかわいい少女でも降ってくりゃいいんだけどさ。

 

モテに関して言えば、男女の相反する性質には触れざるを得ない。

 

モテない男性がどうしてモテないか。これについてはもう語るに及ばないだろう。問題は固定化されるモテ格差。つまり恋愛貧者は相当な努力なく、そのカーストを超えられないことにある。

 

腹が減ってたまらないので、セブンイレブンで炒飯おにぎりを買おう。飲み会でメシばっか食ってると払った分の元を必死で取ろうとする哀れな男に見られるから、もはや一言二言会話に口を挟んで耐えるのみ。腹が減ってたまらない。

 

まぁ、聞いてくれよ。

 

モテない男ってのは、コミュニケーションが取れないわけです。だから、コミュニケーションが必要な場面を避ける。避けるからこそ、対人スキルが伸びずに異性への恋慕と恐怖をともに増加させる。

 

そうして女に勝手に幻想をいだき、実際には相手がそれと違っていることに気付いて、呪詛を重ねるわけですよ。

 

オレが学生時代バイト先でなんて清楚で清廉な子なんだと思ってた黒髪の乙女もバイトリーダーと控室でパコパコしていたし、新卒で入った会社でオレの人生の中でも指折り優しくしてくれたボブカットのちょっと天然入った彼女に至っては、日頃のお礼にとプレゼントした入浴剤をネタに薄毛の部長と笑い合っているのをオレは見ている訳ですよ。何が悲しいって、その薄毛の既婚部長と不倫してるって知ったのは後の話で、部長の声がデカいのが悪いのかオレの存在感が薄いのが悪いのか知らねーけど、「アイツじゃ勃たなくてね」ってやかましいわハゲ。

 

オレならいつか彼女ができたなら、生涯をかけて愛し守ることを誓うね。誓うからこそ、それに見合う互いの弱さ・愚かさ・コンプレックスを分かち合える女性(ひと)じゃなきゃ嫌なんだよ。

 

今日はちょっと日本酒を飲み過ぎたね、手酌でねって。誰も聞いてないよばかやろう。

 

それでですね、皆さん。

 

まぁ、言っても女性ってのは男が寄ってくる訳じゃないですか。大体の話ですよ、大体。そうするとコミュニケーションが取れますよね。異性間交遊です。オレの学校では不純異性交遊禁止されてましたけど関係のない話ですね。

 

で、それを繰り返すとパターン認識ができますよね。自分はどんな男性なら彼氏として合うのか。あるいは合わないのか。物事は最初から上手くはいかないものですから、繰り返すことで適応度を上げていくわけです。

 

ここに悲劇が生まれます。

 

モテない男性は非モテスパイラルに入ると、恋をしたいと思っても、そのステージに上がれないわけです。あるいは上がっても、パターン認識が出来上がっている同世代の女性に対して、彼氏候補という枠組みに入ることなく切られてしまいます。これが辛い。

 

オレは四捨五入でいうならアラサー。もちろんオレは年齢で相手を選ばない。30代、40代……そこは30代が良いかな。いや、できれば20代。まぁ、年齢では選ばないタイプなんだけど、同世代の女性はですよ皆さん、パターン認識を繰り返した結果、オレのことを恋愛対象として認めてくれないわけです。

 

どうするか?

 

年下の女性を好きになるしかありません。

 

いーーーーーーやいやいやいやいや、分かってますよ分かってます。そんな痛い目線をくれなくても、オレにそんな年下の彼女なんかできないって。分かってますけど、想いを寄せるのは自由じゃないですか。

 

むしろこの積年の名前のつけられない感情を晴らすべく、一途な想いをまだ見ぬ誰かへと馳せるわけです。

 

ところでモテる女性というのは、理不尽に想いを寄せられて、好意を無碍に扱うと逆に怒りを買ってしまうのが悩みらしいですね。同じ世界に生きていてオレとあなたの悩みはおおよそ交わることがないでしょう。

 

繰り返しますけど、互いの弱さ・愚かさ・コンプレックスを分かち合える女性。そして、何よりオレを恋愛という名のステージに上げてくれる女性。それがパターン認識をしきれていない(=年下の)女性なんです。

 

なんで非モテがこんなに呪詛を伴うって、お前らチャラい男のことバカにしながら、その実付き合うのはいつだってそういうやつらじゃないか。

 

結局、お前らは自分のことをお姫様?レディ?として扱えない男を足切りしているからで、オレみたいに本当の意味で臣下の如く膝元につかえるような男はいつだって見下して切り捨てるじゃないか。

 

それでですよ、それで後になって別れた時に、「ひどい男だった」って自分の男を見る目の無さは放置プレイですか。オレも炒飯おにぎりの包み紙放置プレイしちゃいますよ?いや、ちゃんと持って帰って自宅のゴミ箱に捨てるけどさ。そういうのが紳士じゃないですか。重いドア先に開けるとか、車道側を歩くとかね、そんなのは紳士でもなんでもないんですよ。最初のデートはイタリアン?ドリアでも食っとけ既婚ハゲ。

 

つまりですよ。

 

オレみたいな非モテを騒ぎ呪う男は、詰まるところモテたくて仕方ないんですよ。

 

もし非モテクラスタから救われる人がいるならば、それは騒ぎ立てずに静かに己の道を生きる男なんでしょうね。そんな人がきっと、いつかパターン認識を終えた女性から見つけてもらい結ばれるのでしょう。

 

いいじゃん、自己愛と嫌悪を深夜に伝えられる異性がいるなら。誰か、こんな非モテで今まで気が狂わずに生きてきたオレのことを褒めてくれ。と強制できる異性はいないし、まぁ同姓もいないよね。はは。

 

ああ、そうだ。ウコンを買い忘れていた。信号を渡りきってしまう前にコンビニに戻らなきゃ。オレがオレでいられる世界、オレを愛してくれる世界。

 

 

という人物像が浮かんだのですが、件のロリコン男性とはこのような人物でよろしかったでしょうか。

 

こんな男性が8割だとすると、峰さんはじめ世の女性皆さまの苦労を忍ばずにはいられないですね。

  

Written by :古越 幸太 (記事一覧

無料「web集客相談」月2社、受付中。

 

自らの意思で生きたいと願うすべての人へ。「ぼくの人生はだれのもの?」

関わったあらゆる本でベストセラーを連発。本田直之の、すべての原点がここにある。
「レバレッジ・マネジメント」、「1万円起業」 「伝え方が9割」、「あたらしい働き方」など著者累計250万部超、本田直之の最新刊。
世界初・ビジネス絵本! 本田流「生き方のノウハウ」を、 分かりやすいテキストとイラストで大公開。
知らず知らず「選ばされている」ことの多い世の中で、自らの意思で生きたいと願うすべての人へ。

ぼくの人生はだれのもの?

ぼくの人生はだれのもの?