読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

濡れない傘という進化。

今日の書き手:下出 裕典(ぼくら社取締役)

 

世の中こんなに進化しているのに、

なんでコレは改善されないんだろう、と思うものってありますよね。

 

たとえば傘。

2本しかない手のうち1本を使ってさして、それでも濡れる。

ズボンも靴もビショビショになります。

 

雨があがってもなお1本の手は傘を持っていなければならない。

傘立てに入れれば盗まれる。

ひどいもんだなぁと思います。

 

なぜテクノロジーは傘を進化させないのか。

そう思っていた時に見つけたのがこれ。

http://gaxumbrella.com/gax.html

 

逆に開き、逆に閉じる傘。

思い描く理想、とまではいきませんが、

イノベーションの大きな一歩!だと思います。

ぼくはGAXさんを全力で支持したい。

 

ITとか宇宙開発とかSTAP細胞とか、

もちろんすごい進化だなぁと思うのですが、

身近なものがクリエイティブなアイデアで改善されると、

なんだかとても嬉しくなってしまうのです。

 

 

●誰か改善してほしいメモ

・小銭 →紙幣より価値がないくせに紙幣より重い。使うと増えたりする

・財布 →お金を入れるためのものなのに、買うとお金がなくなる

・充電器具 →いろんな種類がありすぎ。統一してほしい

・校長先生のお話 →大切かもしれないけどつまらないから誰も聞いてない

・日本の英語教育 →言わずもがな

・醤油差し →液ダレは防げないものですか?

 

などなど。この21世紀の現代で、

本気になれば改善できるんじゃないかと思うのですが、

世の中なかなか思うようにはいかないものです。

 

ちなみにこれは宣伝ですが、

世にあふれるつまんない『ビジネス書』をなんとかしたい、

と思って開発したのが、ぼくら社の『ビジネス絵本』です。

 

f:id:bokurasha:20140117141525j:plain

 

・重要なエッセンスだけを抜き出して

・短い時間で楽しく読める

ような作りを心がけてみました。

 

1時間もかからずに読み切ることができるので、

よろしければ、お手にとってみてください。

 

Written by :下出 裕典

"下出 裕典の「いと、えんなり」" -記事一覧 

 

ぼくら社発!世界初のビジネス絵本

関わったあらゆる本でベストセラーを連発。本田直之の、すべての原点がここにある。
「レバレッジ・マネジメント」、「1万円起業」 「伝え方が9割」、「あたらしい働き方」など著者累計250万部超、本田直之の最新刊。
世界初・ビジネス絵本! 本田流「生き方のノウハウ」を、 分かりやすいテキストとイラストで大公開。
知らず知らず「選ばされている」ことの多い世の中で、自らの意思で生きたいと願うすべての人へ。

ぼくの人生はだれのもの?

ぼくの人生はだれのもの?