読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つい、他人に期待しないために考えた5つのこと

ちょい諦めからスタートくらいがちょうどいい - インターネットの備忘録はてなブックマーク - ちょい諦めからスタートくらいがちょうどいい - インターネットの備忘録

他人にガッカリするのは期待しているからで、そもそも期待しないほうがいいんじゃない?ということに実感が伴ってきた最近です。 

 

すごく共感しました!

私も昔は「他人に期待してガッカリ」していたような気がします。

では、どのように変わったか?といいますと私の場合・・・

 

「自分という人間を見つめ直し、人間の本質を深く理解してみよう!」と考え20代のころに自己分析を始め、以下のようなことに気づきました。

 

・人は誰しも「痛がり屋さんの怖がり屋さん」だった。

どんなに怖そうに見える人でも、どんなに地位の高い人でも・・・

悩みがあり、感情に振り回される「人間」で、常に皆「迷い」がある。

 

・誰でも、その時々の感情にものすごく左右されている。

経験を積んでも、年をとっても、冷静な人でも、同じです。

 

・同じ人でも時間が立つとずいぶん変わってる。

成長する人だけでなく、いろいろですが・・・

 

・つい自分に都合よく考えてしまう。

私も常に気を付けているつもりですが、ついついやってしまいますよね~

 

・実は男女の思考プロセスは、全然違っていた。

これはまだまだ研究中ですが、ビックリするほど違います。

 

ということで私の結論としましては・・・

「思い込まず、決めつけず、何があってもおかしくない!」と自分に言い聞かせ続けることです。

 

もちろん他人を信じたり、期待したりもするのですが、思い通りにいかなくても、人のせいにせず、自分の読みが間違っていた、自分の努力が足りなかった、今回学んだことを次に活かそう!

 

こう思っていると結構、自分の思い通りにいくようになるものです。

 

私も最近になってからですが。

 

Written by :内川 剛史

 

ぼくら社2013年11月の新刊発売中!
ぼくだったら、そこは、うなずかない。

ぼくだったら、そこは、うなずかない。