読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくら社活動休止について

今日の書き手:佐藤 康生(ぼくら社取締役) いつもぼくら社ブログを読んでいただき、ありがとうございます。 今回は、皆さんに、残念なお知らせをお届けしなければなりません。 ぼくら社は、6月末日を持ちまして活動を休止することとなりました。

本好きなら知らないはずがない!?書評サイト10選

今日の書き手:古越 幸太(ぼくら社副社長) 梅雨入りから雨降りの日が続きますね。 こんな季節は、家でゆっくり本を読みたいものです。 どんな本を読むべきか? そんな時は、書評サイトを参考にされてはいかがでしょうか。

女が浮気に走る時

今日の書き手:川崎 貴子(ぼくら社取締役) 浮気性の女が浮気をやめるとき。:犬山紙子のイラストエッセイ 私の友達に救いようのないほど浮気性の女がいる。男で浮気癖が直らない、というのはよく聞くけれど女で浮気癖が直らないのは、私の友達では彼女くら…

あなたの会社、社員の数は適切ですか?

今日の書き手:安田 佳生(ぼくら社編集長) このブログを読んで 会社を小さくしておくべき15の理由 | ReadWrite Japan 急成長する企業の創始者は、どこかで自分が全てのコントロールを握る事を諦めなければならない。個人的に企業を小さいままにしておく理由…

経営者と労働者における「残業代ゼロ」という踏み絵

今日の書き手:古越 幸太(ぼくら社副社長) コーヒーはブラックが好きです。ぼくら社の古越です。 前後編で面白く読ませていただきました。 「就職、ほんとうに残念です」 会社に入るなんてマジでつまらない! イケダハヤト×小川未来【前編】 | 小川未来『就活…

隙のある女の作り方

今日の書き手:川崎 貴子(ぼくら社取締役) 先日、20代から30代の女性向けに講演させていただきました。講演終了後には、フランクな質疑応答時間に入り、仕事と家庭の両立とか、男性上司との折り合いのつけ方など、具体的でリアルな質問をたくさん受けたの…

「勝ち続ける力」とは「勝ちパターン」を捨てること

今日の書き手:安田 佳生(ぼくら社編集長) このブログを読んで もしあなたが会社で「成果を出している社員」なら | 安達裕哉 会社組織の運営は難しい。そしてその難しさの本質は「多様性を維持しつつ、まとまりを保たなくてはいけない」という部分にある。全…

容疑者親族に立て続けにマイクを向ける愚

今日の書き手:古越 幸太(ぼくら社副社長) ノコギリを持った24歳の男性がAKB48の握手会でメンバーを切りつける事件がありました。 なぜ彼は刃を振るったのか、メンバーの容態はどうなのか。今後の握手会をどうするのかなど議論は尽きません。 そんな中、多く…

バツイチ・子あり男性との結婚前チェック3ヶ条

今日の書き手:川崎 貴子(ぼくら社取締役) 前々回に「男は年収の婚活市場に物申したい」と書きまして、 続編といたしまして「婚活女性の皆様へ 狙うはアラフォーバツイチ子あり男性」とお奨めいたしまして、 お奨めしておいて何ですが注意点がありますよー…

私がスケールしない起業家へ伝える、たった一つのシンプルな答え

今日の書き手:安田 佳生(ぼくら社編集長) このブログを読んで。 かなり私的な・・起業についてのお返事まとめ | More Access! More Fun! そんなわけでサラリーマンから独立して個人事業主になるんだったら、目安としてサラリーマンの時の3倍くらいを稼げる…

一流のクリエイターを目指すなら、浜崎あゆみを聞きなさい

今日の書き手:下出 裕典(ぼくら社取締役) この記事を読んで。 クリエイティブな事がそんなにも凄いのか | freshtrax | btrax スタッフブログ いままで誰も見た事のないようなものを創り出すのはワクワクするし、かっこ良い事である。イノベーションを作り出…

生き方を変えるには習慣を変えるしかない。

今日の書き手:古越 幸太(ぼくら社副社長) この記事を読んで。 たぶん人生がうまくいく法則::村上福之の「ネットとケータイと俺様」:ITmedia オルタナティブ・ブログ 個人的に、人生がうまくいったいたときにしていたことは以下の通りです。ずっと続ける…

婚活女子諸君!狙うはアラ40・バツイチ・子ありの男性

今日の書き手:川崎 貴子(ぼくら社取締役) 先日のブログで「男は年収の婚活事情に物申したい。」、年収600万円を超える独身男性は3.5%しかいないよ、世帯年収上げたければキャリアアップだよ、と婚活女性に物申したわけですが、男女問わずたくさんの反響を…

仕事は「辛く苦しいもの」という鎖

今日の書き手:安田 佳生(ぼくら社編集長) このブログを読んで。 仕事中に人生を楽しんでいけない理由はない | 内野 宗治 日本では、仕事について「仕事(そのものを)を楽しむ」 というコンテクストではよく語られますが、「仕事中に(人生を)楽しむ」ある…

TCCについて語るときにぼくの語ること

今日の書き手:佐藤 康生(ぼくら社取締役) 毎年、桜が終わり、GWが近づいてくると、 たくさんのコピーライターたちが胸を どきどきさせる季節がやってきます。 TCC賞の発表が間近に迫ってくるからです。

クリエイターは「そんな視点だれも思いつかなかった!」を目指してはいけない

「IKEAは、家族が生まれる場所もつくっています。」視点が面白いプリント広告 | AdGang 広告クリエイティブにはいくつかの手法がありますが、 この記事で取り上げられているIKEAのベッド広告は、 『商品の価値を再定義する』というやり方ですね。

母の日に送ったことば

今日の書き手:古越 幸太(ぼくら社副社長) 今週のお題「お母さん2014」にあてて。 今週のお題は「お母さん2014」です - はてなブログ 応募要項下記の応募方法に従って「応募する」ボタンをクリックし、記事を投稿してください。 5月11日は「母の日」でした。…

「男は年収」の婚活事情に物申したい

今日の書き手:川崎 貴子(ぼくら社取締役) この記事を読みました。 【少子化】未婚・晩婚化の原因、未婚男性の5割が「経済的に余裕がない」 内閣府調査で浮き彫り 国民の意識を調査し、少子化の原因を分析する内閣府の「家族と地域における子育てに関する…

50万円で社員の本音が分かる?究極のリストラ策

今日の書き手:安田 佳生(ぼくら社編集長) この記事を読んで。 辞めたら50万円支給。Amazonが導入した「社内デトックス術」 : ライフハッカー[日本版] 「仕事の辞め時」を知るのは簡単ではありません。米Amazonは仕事を辞めて同社を去る従業員に最高5000ド…

投じられたバナナの行方

今日の書き手:佐藤 康生(ぼくら社取締役) 一人のサッカー選手の 試合中のパフォーマンスが注目を集め、 世界的な広がりをみせています。 4月27日のスペインリーグ、 対ビジャレアル戦。 観客席の相手サポーターから 投げられたバナナを食べ、 人種差別的…

そして、彼はロリコンになった

今日の書き手:古越 幸太(ぼくら社副社長) はてなブックマークで興味深いツイートを拝見しました。 ちなみに私の言うロリコンとは、例え対象が18歳以上女性であったとしても女性の弱さ、愚かさ、コンプレックス、またはそれらを象徴すると勝手に判断したも…

富裕層が豊かであるために必要な貧乏人

今日の書き手:安田 佳生(ぼくら社編集長) この記事を読んで “独立”する富裕層 - NHK クローズアップ現代 「所得の再分配」に対する不満と「効率の悪い政府」への反発からアメリカの富裕層が「州」の下の行政区分である「郡」から“CITY=「市」を相次いで…

タイプ別!理想のパートナーの見つけ方

今日の書き手:川崎 貴子(ぼくら社取締役) id:ngnkykさんのブログを読みました。 アラサー(28歳目前)で彼氏と別れるということ - UptoU 綺麗事を並べない限り、きれいな別れ方なんてそもそも存在しないので。今回のことで学びました。合わないものは合わな…

それは、優しさなのか弱さなのか

今日の書き手:古越 幸太(ぼくら社副社長) ある夜、近所の中華料理屋に入りました。 頑固な主人と、朗らかな笑顔の奥さんに、幾人のアルバイトの方が営む小さなお店です。 となりのテーブルで食事をしていたカップルが会計を済ませ奥さんが食器を下げに来た…

「木曜提出」と言われたら、17時か、24時か、金曜朝か?

今日の書き手:下出 裕典(ぼくら社取締役) このブログ記事を読みました。 同じ言語でも成り立たない会話 | 南 充浩 ブログ 同じ業界で、同じ日本語という言語で会話していてもお互いが違う意味で同じ言葉を使っている場合が結構ある。繊維・ファッション業界…

結局、石の上に何年いればいいのか?

今日の書き手:安田 佳生(ぼくら社編集長) このブログを読んで 新入社員が退職した。 入社してわずか10日。 ... 残念ながら、Kさんに当社での仕事を続ける気はないようだったので、慰留は諦めた。しかし、わずか10日とはいえ同じ会社で勤めた仲間である…

村上春樹の新作に、ぼくがコピーを添えるなら。

今日の書き手:佐藤 康生(ぼくら社取締役) 先日、友人が 小さなお店を出すことになり、 ネーミングを依頼されました。 その仕事がとても楽しくて、 コピーライターになりたての頃に 夢中でコピーを書いていたときの ことを思い出しました。

先月起業した、僕の私的な理由。

今日の書き手:古越 幸太(ぼくら社副社長) 「起業とはリスクの塊である」とはあちこちで聞いた言葉で、もちろん人並みに迷う気持ちがありました。 それでも決めたのにはいくつかの理由があるわけですが、中でもごく私的なものについて。 初めて働いた職場は…

薄情女の言い訳 〜「女は薄情だ」と言われたので〜

今日の書き手:川崎 貴子(ぼくら社取締役) id:minami_nami_namiさんのブログを読みました。 女性は結構薄情、という話。 - オーバー30みなみの日記。 今は好きな人がいるから、もうそういうことはしない。逆に、心が満たされていないとそういう流れになっ…

【募集第2弾】中学・高校の教職員の皆さまへ。一クラス分、本を無料で差し上げます!

前回、大好評のうちに終了しました、子ども読書の日にちなんで抽選で一クラス全員に本をプレゼントする企画。その名も『クラスみんなで読む「ぼくの人生はだれのもの?」』 今回“先着順”で、第2回の募集を行います!!

21年の経営で気づいたピンチでも動じない2つのコツ

今日の書き手:安田 佳生(ぼくら社編集長) このブログを読んで ピンチに慣れるということ。「あー。また来たか」って思うようになる。 | サイプロ~とあるサイトプロデューサーのブログ~ 何か新しいことをやろうとすると必ずピンチが訪れます。でも、毎回ピ…

外に出ると、高確率で道とか聞いてくる人にエンカウントする話

今日の書き手:古越 幸太(ぼくら社副社長) 小さいころからそうなのですが、不思議とひとりで歩いていると知らない人によく道を聞かれます。 大通りはいざ知らず、駅でも、バス停でも、細い道でも、路地裏でも、トイレでも聞かれます。あと「ひょっとして童貞…

離婚したら、幸せになれると思っているあなたへ

今日の書き手:川崎 貴子(ぼくら社取締役) このブログ記事を読みました。 こんな夫もういらない! 共働き既婚女性が離婚を考える時。 | 探偵社アヴァンス『なんでも調査隊!』 年々上昇していく離婚率。そして、離婚率と共に上昇しているのが共働き家庭。…

張り切る同僚も、残業する上司も、バカだと思ってるキミへ。

今日の書き手:安田 佳生(ぼくら社編集長) このブログを読んで。 新社会人ときに欲しかったのはアドバイスじゃなかった - マチルノニッキ わたしはスーツが着たくなくて、クリエイティブな仕事がしたいとか馬鹿みたいな抽象的な理想だけを持っていて、東京で…

濡れない傘という進化。

今日の書き手:下出 裕典(ぼくら社取締役) 世の中こんなに進化しているのに、 なんでコレは改善されないんだろう、と思うものってありますよね。 たとえば傘。 2本しかない手のうち1本を使ってさして、それでも濡れる。 ズボンも靴もビショビショになります。

ぼくら社メンバーと振り返る、ぼくら社Blogの人気記事

今日の書き手:古越 幸太(ぼくら社副社長) ぼくら社Blogをはじめて、早4ヶ月。みなさまいかがお過ごしでしょうか。 おかげさまで開設以来累計40万PV、述べ20万人を超える方にぼくら社Blogをご覧いただいています。 この機会に改めてぼくら社のメンバーととも…

【募集を締め切らせていただきます!】<子ども読書の日応援企画>

来たる4月23日の「子ども読書の日」に向けた、 <子ども読書の日応援企画> クラスみんなで読む「ぼくの人生はだれのもの?」 ありがたいことに大変好評をいただき、応募が殺到したため、勝手ながら募集をただいまをもって締め切らせていただきます。 ※発…

コミットしない男、面倒くさい女

今日の書き手:川崎 貴子(ぼくら社取締役) はあちゅうさんのブログ記事を読みました。 女子から決定打を口にするしかない時の敗北感/はあちゅうの女の本音|AM「アム」 恋愛において、女の子から決定打を口にしなくてはいけないくらい悔しいことがこの世…

だから、マーケと営業は永遠に分かり合えない

今日の書き手:安田 佳生(ぼくら社編集長) このブログを読んで 営業とマーケの攻防劇 - 問題提起プロフェッショナル だいたい営業とマーケが攻防を繰り広げている場合が多い。営業はとにかく1件でも多く決めたい性分である。しかしマーケは華々しくお金を使…

オムライスとウオノメと新規事業

今日の書き手:佐藤 康生(ぼくら社取締役) 私事ではありますが、いま、8000文字のコピーを書く仕事を抱えています。 原稿用紙にして20枚、小説ならちょっとした短編程度ですが、コピーとしては非常に長い部類に入ると思います。 コピーの元となるインタビ…

【募集】中学・高校の教職員の皆さまへ。一クラス分、本を無料で差し上げます

来たる4月23日は「子ども読書の日」です。 ぼくら社では、この子ども読書の日に向けて、中学・高校の生徒の皆さまに本を無料でお送りしたいと考えています。

花の季節だけの運だめし。桜みくじを知っていますか?

今日の書き手:古越 幸太(ぼくら社副社長) ブルーマンデーを乗り越えて水曜日。 みなさま、いかがお過ごしでしょうか。 それにしてもこの時期の電車は混みますね。 フレッシャーズスーツにピカピカの革靴できょろきょろしながら立つ男子と、ストッキングを…

母親の呪縛~自己肯定できない女達

今日の書き手:川崎 貴子(ぼくら社取締役) この記事を読みました。 「体を大事にする」とはどういうことか~子どもの性を語るとき忘れられがちなこと - スズコ、考える。 自己肯定感が低い子の中には、相手に性的に求められることを自分が愛されていると錯…

社長が用意するべきものは、賞与なのか名誉なのか。

今日の書き手:安田 佳生(ぼくら社編集長) このブログを読んで 会社は何を「茶器」にするかで決まる。 - 拝徳 ここでいう「茶器」はそのもの自体ではなくて、「茶器というものにたいして持つ共通の価値」ということだ。実は現代において成功している会社とい…

おまえのものも、オレのもの。ジャイアニズムのすゝめ

今日の書き手:下出 裕典(ぼくら社取締役) 「涙は所有意識からくる。失って悲しいのは、所有しているという意識があるからだ」 というお話をいただきました。70歳ぐらいの、大先輩からです。 僕はこの言葉を聞いた時に、共感すると同時に、その先の話をなん…

KIRINから消えたタグライン。

今日の書き手:佐藤 康生(ぼくら社取締役) 先日、TVで久しぶりにサッカーの 日本代表戦を見ていたときのこと。 ハーフタイムにメインスポンサーである キリンのCMがたくさん流れてきました。 ジョージ・クルーニーが淡麗? あはは、飲むわけないだろ!など…

「家事をすること」と「金を稼ぐこと」は、本質的に等価ではないか?

今日の書き手:古越 幸太(ぼくら社副社長) このブログを読みました。 女性がゴハンを作らない話をすると嫌がる男性 - ハート♥剛毛系 最近、パートナー氏の仕事が一段落して炊事当番から解放されました。私はたかだか1週間くらいであっという間に炊事の手…

男をダメにするキャリア女性達

今日の書き手:川崎 貴子(ぼくら社取締役) この方のブログを読みました。 男に甘えられるのが好きだ 男に甘えられるのが好きだ。むしろ甘えさせたい。そんな感じだから、ネットで「女は男の金目当てだ」みたいな意見を聞くと違和感がある。好きな男に貢ぎ…

「全てを失う」といわれた自己破産から3年

今日の書き手:安田 佳生(ぼくら社編集長) このブログを読んで 個人保証 中小零細企業の話。抵当に入れるものが無くたって、銀行は金を貸してくれる。社長の個人保証って奴だ。この個人保証が経営者を悩ませ、不安にさせ、うつ病にもなるだろうし、最悪自殺…

自分らしさを見つける方法

今日の書き手:古越 幸太(ぼくら社副社長) ライフスタイルとしての引きこもりが定着して幾年。 とはいえ、さすがに仕事をしないと快適に引きこもることもままなりませんので、平日は一生懸命働いています。 引きこもりは休日だけの楽しみです。 いつもの通…